Top > 保育士としての必要な笑いとは

保育士としての必要な笑いとは

『』。
保育士としての素質にはいろいろあると思います。
一つには子どもが好きであること。
二つ目は保育士同士で上手くやっていける人間性。
そして最後に「エンターティナー」としての役割です。
え?と思う人もあるかもしれません。
何でお笑いなの?と思うかもしれませんが、子どもを楽しませることがどれだけ大変で大切であるかということです。
保育士は学校の先生と違います。
子どもは非常に直です。
もちろん勉強の大切さなんてちっともわかっていません。
つまり難しいことをいっても聞いてくれませんし、逆に嫌われてしまうのです。
しかしいざ「この先生は面白い」と思ってもらえば、もうこっちのものです。
保育園が嫌いな子どもも先生は楽しいからと登園してくれやすくなります。
またいろいろな楽しい話、ギャグなどによって子ども達は言葉を覚えていくのです。
もちろんその中には絵本を読んだり、紙芝居したりすることも入っていますが、淡々とそれらの仕事を行うのでなく、「いかに楽しませるか」とテーマとして行うことがいかに大切かということをもっとわかるべきです。

保育士の求人が増えている理由とは | 保育士求人正社員コム
関連エントリー
カテゴリー
  • 資料
  • エンタメ
  • スポーツ
  • 情報
  • くらし
  • コンピューター
  • ビジネス
  • 健康
  • 旅行
  • 趣味
  • 新商品
  • 出来事
  • 地域
  • ショッピング
更新履歴
浮気の素行調査|「愛情と信頼で結ばれている妻は疑えない」「家族に内緒で妻が浮気しているなんてことは考えられない!」なんて人がかなり多いことでしょう...。(2016年9月 5日)
債務整理を済ませた後は携帯の分割払い(2016年3月10日)
慶応進学会フロンティアとは?(2015年4月16日)
体のメンテナンス(2015年4月16日)
手作りのおやつ(2014年11月15日)